激務でも頑張っているヤマト運輸のセンター長 

世の中には数多くの大変な仕事がありますが、ヤマト運輸のセンター長という仕事もそのひとつです。ヤマト運輸のセンター長という立場になれば、二年から三年で実績を残すことができなければ降格になるそうです。あまりにも実績が無い人であれば、一年もしないうちに降格になってしまいます。本当に、ヤマト運輸のセンター長という役職は厳しい状況にあるように感じられます。会社で出世して給料が高くなるのは喜ばしいことであると想像されますが、それなりに責任やノルマのようなものも増えます。この点については、どのような会社であっても当てはめられるのではないかと考えています。最も理想的なのは代表取締役社長にまで登りつめる人、ということになりますが、社長になれば内部や従業員の不祥事による社会的な責任を負わなければなりません。ヤマト運輸という組織の中で、激務でも頑張っているセンター長には頭が下がります。しかし、故意に激務にしているのではなく、社会的な役割を果たすために必要な一定レベルの業務をこなすため、結果的に激務になっているということなのだと理解しています。働き方改革などの政策によって、少しでもヤマト運輸のセンター長のような責任者の負担が軽減されることを願います。

スポンサーリンク